バーチャルオフィスで借りた住所に郵便物を届けられる?

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスは、実際に物件を借りることなく、住所や電話番号、FAX番号などを利用することができるサービスです。
通常、起業直後の方は、いきなり広すぎる事務所を借りて、毎月の固定費を増やすことはナンセンスです。

したがって、バーチャルオフィスを活用することで、起業に必要なサービスを利用できるだけでなく、
信頼ある住所を借りることができるため、お客様からの信頼度も上がります。

また、自宅開業をしたが、自分の家の住所は知られたくないという方にとっては、バーチャルオフィスが非常に効果的です。

郵便物の転送サービスなどもあるため、オフィスに自分がいなくとも安心です。

バーチャルオフィスとシェアオフィスの違い

バーチャルオフィスは、住所や電話番号のみをレンタルするサービスであるため、実際のオフィスのレンタルはしません。
一方で、シェアオフィスは住所や電話番号だけでなく、実際のオフィスをレンタルして使用することが可能であるため、
ワーキングスペースとして、多くの方が利用されています。

「実際に、ワーキングスペースで仕事をするかどうか」という観点で、バーチャルオフィスがシェアオフィスになるか、
ご検討されることをオススメします。

バーチャルオフィスを利用するメリット

一般的な事務所を借りる場合、敷金・礼金など、諸々の費用が大きく掛かって支出の肥大化が見えてきます。
しかし、バーチャルオフィスならば、格安で毎月の利用料も抑えることができ、且つ、初期費用も抑えることができます。

ご自身の住んでいるマンション等で、管理規約の住所を事業利用することや、郵便受けに社名を表示することが、
禁止されているなど自宅での登記登録が難しい場合にもバーチャルオフィスが活躍します。

また、バーチャルオフィスは、都心の一等地でも借りることができ、
お客様から信頼ある住所で名刺などを作りたいという方には、最適です。

バーチャルオフィスのデメリット

バーチャルオフィスをご契約されている方は、あなただけではないため、他の事業主の方と住所が被ってしまう可能性もあります。

しかし、一等地にオフィスがあるという信用度を手に入れることができるので、住所が被ってしまうことに関しては、特に問題ありません。
また、法人銀行口座の開設が難しいと思いがちですが、ポイントさえ押さえれば、しっかりと開設ができます。

お問い合わせや内覧申し込みはこちらのフォームから

===================

【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】
知恵の場オフィス

PAGETOP