バーチャルオフィスで、銀行口座は作れるの?

「バーチャルオフィス」を借り、会社設立後しっかり法人登記したにも関わらず、
今後は法人名義で口座が開設できない…という問題が立ちふさがります。

これは登記の時と違い、「バーチャルオフィス」での口座開設を銀行が、
こころよく思っていないということにも関係しています。

銀行が取引したいのは「信用のある会社」です。

もちろん起業したての会社には信用がないのはもちろんですが、過去に「バーチャルオフィス」を隠れ蓑にして、
何度も銀行口座を犯罪に利用されたことがあるから…ということもあります。

実際、個人で口座を開設にいっても必ず身分証明証の提示を求められますし、
2012年からはさらに厳しい口座開設厳格化が銀行と会社に求められています。

メガバンクになればなるほど口座開設が難しいといえるでしょう。

ですが、「バーチャルオフィス」での会社設立で口座開設を多数している人もいるのは事実です。
銀行も鬼ではありませんが、お金を扱うプロとして厳格であることは間違いありません。

いくつかの注意で口座開設が認められる…というならばしっかりと実践してみましょう。

・銀行は役所以上に書類には厳しいです。

普通に考えれば必要なものさえもそろっていない…というのはもう銀行が厳しいせいではありません。
最低限必要なものはそろっているか確認し、間違えなく提出しましょう。

・口座開設は「バーチャルオフィス」の所在地住所と同じ地域の銀行で行いましょう。

自分が便利だからといって、全くなじみのない会社を・リスクをおかしてまで銀行は口座開設したくありません。

・「バーチャルオフィス」のサポート会社が口座開設のサポートをどこまでしてくれるか…にもかかっています。

会社運営には興味があっても、それ以外は全くできない…社長さんもいるかもしれません。

そんな時はサポート会社がどこまで親切丁寧にすすめてくれるか、
口座開設のノウハウをもっているかをしっかり見極めてから物件をきめてください。

起業はもしかしたら一生に一度の大きな賭けかもしれません。
自分で全てを決められる嬉しさもある反面、厳しい現実もあることを知りながら会社設立を目指せば、
きっとスムーズに滑りだせることになると思います。

===================

【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】
知恵の場オフィス

PAGETOP