シェアオフィスで、登記はできるの?

起業をお考えの方に人気のシェアオフィスですが、オフィスとしての機能に不足はないのでしょうか?

たとえコスト安く済むからといって、機能面に不足があったのでは困りますよね。

電話やFAXなどは使えるのか、郵便を受け取ることはできるのか、
そして登記先住所地として使用することはできるのか。

シェアオフィスの利用をお考えの方には、さまざまな疑問や不安もあるのではないかと思います。

本格的に起業を目指す方にとって、まずはじめに必要となるのが法人登記の手続き。

登記の手続きを行うためには、その法人の所在地を示す登記先住所地が必要となります。

ではシェアオフィスで起業した場合に、その住所を使用することはできるのでしょうか?

その点について、さまざまなシェアオフィスのウェブサイトをチェックして調査してみました。

調査の結果、可否はオフィスによりけりといったところ。

たとえば複数のオフィスを展開している会社であっても、登記先住所として利用できるのは、
その一部に限られていたりするようなのです。

また登記可能なオフィスであっても、追加料金が設定されていたりする場合もありますので注意が必要です。

シェアオフィスを活用して起業する際は事前に登記住所としての使用が可能かどうか、
きちんと確認したうえで契約するようにしましょう。

まずはオフィスのウェブサイトをチェック。

それでも確認できなければ、電話やメールで問い合わせてみた方が良いと思います。

最近はあまりにも沢山のシェアオフィスがあるため、どこを借りたら良いかと迷っている方が多いと思います。

そんなときには費用の面ばかりではなく、登記できるかといったサービス内容で比較して選ぶのも良いのではないでしょうか。

===================

【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】
知恵の場オフィス

PAGETOP