バーチャルオフィスで住所貸しは可能?

東京や大阪など、大都市圏に様々な特徴をもって発展している「バーチャルオフィス」
実際のところはどのような仕組になっているか、
従来からあったレンタルオフィスや同じようなシェアオフィスとの違いはあるのだろうか…
違いはあるのだろうけれどもわかりづらいのもあるでしょう。
他とは違い、「バーチャルオフィス」の最大の特徴で、ベースにあるのが「住所貸し」ではないでしょうか。

起業して会社を設立する際に、事務所が必要となります。
その事務所をレンタルするか、他の人と共有で使用するかの違いはあっても、
確実に事務所が存在するのが今までの方式でした。
ただ、「バーチャルオフィス」に関しては、事務所は存在せず、
会社の本店住所をレンタルする「住所貸し」の方法をとっています。
どの「バーチャルオフィス」にしても、基本的に住所の利用と郵便の転送がついているところがほとんどです。

独立開業・起業する際に自宅住所・電話番号を登記簿に載せたくない…
賃貸住宅のため今の住所は登記できない…作業などは自宅ですることができる…
という方が主に利用するのが「バーチャルオフィス」の特徴ですので、
所在地住所を必要としないで「バーチャルオフィス」を借りに来る人はいません。
そういう意味では「バーチャルオフィス」には住所貸し・郵便転送は必須であると言えます。
また、最近はインターネットやチャットでのやりとりは多いでしょうが、
お客様とのやりとり・金融機関や他の企業との兼ね合いも含めて電話番号を必要な方もいますので、
電話・FAX転送も基本的なプランに入っていることもあります。

住所・郵便・電話をベースとして様々なプランをつけている「バーチャルオフィス」は、
これかもたくさんのサービスをつけながら発展していくことになるでしょう。
したがって、「住所貸し」さえもうたっていないところは
「バーチャルオフィス」ではないことを理解してもらい、ご注意くださいね。

===================

【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】
知恵の場オフィス

PAGETOP