意外に新しい!レンタルオフィスの歴史

レンタルオフィス業が盛んになり始めたのは今から約20年程前、
IT企業が増加・成長してきた時代。

その頃にはパソコンは軽量化され簡単に持ち歩くことが出来るようになり、
その他の携帯端末や携帯電話が普及してきました。
よって情報はどこにいても同じスピードで得ることが可能となり
場所を問わない働き方が出来るようになりました。
東京の会社を辞め、戻りたかった地元にUターンして独立し
取引先は東京の頃お世話になっていた先、なんていう選択肢が生まれてきた頃ですね。

この時、海外の企業が日本への進出はそれまでの過去最高となりましたが(※)、
相対的に小規模な企業が多く、それらの足掛かりとしてレンタルオフィスが
大いに利用されました。
なんせ東京で利便性の高い土地にちょっとした物件を探し借りるためには
大きなお金がかかる上に契約手続きも煩雑ですから。
また地方の企業が東京への足掛かりとして費用をかけずにまず駐在場所を
置きたいという希望や、パソコンさえあれば場所を問わずに働けるが
自宅以外で集中して仕事を出来る場所が欲しい
という個人にも簡単に応じられるレンタルオフィスが利用されるようになりました。

レンタルオフィスブログ1

 

 

 

 

 

それから20年、レンタルオフィスは時代と共に形態を増やし、
現在では目的別に利用できるシェアオフィス・バーチャルオフィス等、
多岐に進化しており、また各オフィス施設によりそれぞれ特色のある
スペースを展開しています。

当ブログでは今後、そんな多岐に渡るレンタルオフィスや
周りについての諸々、借りる側の人々などに焦点を当てて
お話ししていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

※経済産業省・外資系企業動向調査より

===================

【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】
知恵の場オフィス

PAGETOP