こんなにも違う!お金の面で見るレンタルオフィス

レンタルオフィスシェアオフィスは賃貸物件を借りるより
はるかに初期投資やランニングコストが少なくて済む、
というお話をしましたが、実際のところどれくらい何に金額が必要か、
当「知恵の場オフィス」を例にあげてご説明したいと思います。

知恵の場オフィスがあるのは西新宿。
副都心とも呼ばれ東京でも超高層ビル群は日本屈指のビジネス街と
なっており様々な大企業が名を連ねているエリアです。
第6回ブログ用

 

 

 

 

 

西新宿の賃貸物件は(参考:東京オフィス検索 http://of-tokyo.jp)
50坪以下の賃貸オフィスの平均賃料は共益費込みで現在、1坪あたり15,000円程です。

初期費用として(幅はあるものの)
・敷金:3か月
・礼金:1か月(最近は無料が多い)
・仲介手数料:1か月(最近は無料が多い)
・火災保険料:2万程度
・前家賃:1か月
・前管理費:管理費の1か月分
と、最低でも家賃の4ヵ月以上の費用が必要となります。

これに加え、内装費や備品購入費用など、初期投資にかかる金額は
さらに多く準備していないといけませんね。
また、ランニングコストとして家賃の他、水道光熱費、ネット回線料、
ゴミ処理費用、オフィス周りの清掃費用等、細かい費用が毎月かかります。

知恵の場オフィスの初期費用は、シェアオフィスで
・初期費用30,000円
・1か月の使用料9800円、24時間使用したい場合は追加で7000円です。
ネットは使い放題ですし、水道光熱費の必要もありません。
ロッカーや会議室使用料はオプションでかかってくるものの、賃貸との差は歴然ですね。

初期費用やランニングコストを節約することで、その分を他に回すことが出来ますので
起業し立ての時期には特に活用されると良いでしょう。

===================

【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】
知恵の場オフィス

PAGETOP