自分はどのオフィスを借りたらいい?その3:バーチャルオフィス

独立したての場合、コストを低く抑えるため
に自宅をオフィスにすることを検討される方も多いかと思います。

しかし、そんな中で
・マンションの場合、管理規約で会社名を構えることが難しい
・名刺には自宅の住所や電話番号を入れることで、
 自分自身のプライバシーを公表してしまうのを避けたい
・また自宅は不便な住宅地のため、ビジネス相手に東京都内の
 ビジネス街に 住所をおくことでの信頼感を得たい
・時々、オフィスで打合せをしたい
とお考えになる方にお勧めなのが、このバーチャルオフィスなのです。

バーチャル(仮想の)オフィスは、スペースそのものを借りるのではなく、
住所や電話・FAX番号などを借りるサービスです。
実際の業務はそこでは行いませんが、応接室や会議室を併設している場合、
契約者は割安で利用することもでき、しかもレンタルオフィスの形態の中では
一番コストが安く、月々数千円からというとても利用しやすいオフィスです。

バーチャルオフィスに住所や電話をおくことで、届いた郵便物や電話は
あらかじめ指定した先へ転送して貰えますし、
電話応対サービスがある場合は、直接自分の会社名で電話を受けてもらい、
指定先へ知らせてくれますので、相手への信頼も増します。
ブログ第6回目

 

 

 

 

 

 
ただし、便利な反面、振り込め詐欺事件等で架空のオフィスとして
悪用されたため、そのイメージが低下しているのも事実です。
実際に金融機関の警戒なども厳しく、登記は可能なところが多いのですが、
法人銀行口座の開設がNGとされる場合が多いのです。
そういったことを避けるために、バーチャルオフィス選択の場合は
サービスの質や運営会社を見極めることが重要です。

なお、西新宿にある当知恵の場オフィスでもバーチャルオフィスを運営しておりますので
ご興味のある皆様のお問い合わせをお待ちしております。

===================

【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】
知恵の場オフィス

PAGETOP