起業するなら個人事業主?法人化?どう違うの?設立手続き編

前回のお話しで、起業するには追い風の年が続くことをお話し致しました。
さらに、知恵の場オフィスでも起業家支援にとても力を入れていますので、
今回から連続で起業について焦点を当ててお話をしていきたいと思います。

起業、とは新しく事業を興すということですので、それに伴い会社として
立ち上げるのか個人事業主を選ぶのか、というのはまず悩むことかと思います。
起業を考えたときに、どちらを選択したら良いのか、
いろんな側面から見ていきましょう。今回はその1回目です。

●設立時にかかる費用
・個人事業主…0円
・株式会社…25万円~

●設立時の手続き
▼個人事業主
1) 国税庁のwebサイトから開業の必要書類2通をダウンロード
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm
2) 書き方については税務署へ直接行き教わる
3) そのまま税務署へ提出

特に審査基準などはありませんので、基本的に自分一人で手続きを完結できます。
開業日は自分自身で設定することができますので、期間を選びません。

▼株式会社
1) 会社の基本的な事項を決めます。
会社名(商号)・本社所在地・事業目的・資本金額・株主・事業年度・株式数など
2) 定款等の書類一式の作成
定款とは会社の基本となる目的や組織などの規則。
3) 公証役人役場にて定款認証をしてもらう
4) 法務局への登記申請
5) 税務署や社会保険等の各種届出

予め決めておく部分が多いので、準備にとても時間がかかります。
また「会社設立日」が法的に認知される日は、4)の法務局へ
登記申請した日となります。
これを特定の日にしたい場合は、それまでの項目をクリアして
いないといけませんので、逆算して動くことが重要ですね。
11回目

 

 

 

 

 

手続きや費用の上では、個人事業主には思い立ったら直ぐなれる
というイメージですが、会社設立には会社に関わるありとあらゆる
条件を決めなければいけません。
さらに税務や社会保険などの知識も必要になるため、専門家へ手助け
して貰うことを考えれば、時間や費用はさらにかかります。
===================

【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】
知恵の場オフィス

PAGETOP