起業するなら個人事業主?法人化?どう違うの?会計編

そろそろ2月になりますね。
今年(2017年)の確定申告期間は2月16日(木)から3月15日(水)です。
この確定申告は個人事業主でしたら避けては通れません。
では、法人は確定申告に代わるものは何か、
今回はその部分に関わる「会計」の違いについてみてみましょう。

<個人事業主の場合>
個人事業主は一律1月1日~12月31日が事業年度と決まっております。
よって決算日は12月31日。
個人事業主の決算は確定申告で行うため、
この時期に確定申告が行われるというわけです。
確定申告を行うための会計処理は2種類あり、それぞれメリットと
デメリットがありますので、自分自身にで選択することが可能です。

1)白色申告
メリット:1日ごとの収入や経費や仕入れなどを記帳しておくのみ。
家計簿のようなイメージなので記帳が簡単
デメリット:節税効果のある控除を受けられる上限が10万円まで。
2)青色申告
メリット:複式簿記という複雑な記帳方法なため面倒。
会計ソフトや専門家を利用するのがよい(=お金がかかる)
デメリット:控除額が上限65万円まで。また赤字の繰り越しや
家族への給与を経費として計上できるため節税効果が高い。

<法人の場合>
4月1日~3月31日を事業年度とし、3月末が決算時期という場合が
多く見受けられますが、実は決算期は自由に決めることができるのです。
しかし決算申告期間は一律決算日から2か月以内に
税務署へ申告しなければいけません。
法人の会計処理は複式簿記による記帳が必須となり、
煩雑な処理を行わなければならないため、自分で行うことも
可能ではありますが、会計士などの専門家に任せることが一般的です。
12回目

 

 

 

 

 

会計とはお金の収支を記録することですが、毎日の帳簿を
どのようにつけ、いつその収支を取りまとめるか、
そんな視点からでも法人・個人事業主のどちらかを
選択する指標になるかもしれませんね。

===================

【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】
知恵の場オフィス

PAGETOP