起業したいけどお金が足りない!資金調達・日本政策金融公庫

起業を考えた際にはお金がかかる、ということはなんとなく理解されていると
思いますが、具体的に必要なのは、会社設立費用や開業当初の設備投資などの
起業する前の「開業資金」と、実際に起業してから軌道に乗るまでの人件費や
原材料費などの「運転資金」になります。
それらを自己資金だけで賄えれば問題はないのですが、足りない場合は
どうしたら良いか、頭を大きく悩ます問題です。

以前のブログでもご紹介しましたが、日本政府は起業を推進しているため、
起業家への融資にも大変力を入れております。
その代表が、政府が100%の出資をして設立・運営をしている「日本政策金融公庫」です。
そもそも「融資」とは資金を必要とする者に資金を融通することですね。
お金を借りる先=銀行と真っ先に考えてしまいがちですが、銀行は起業して
まだ間もない実績も信用も無い会社への融資にはハードルが高いようです。

そのような中で日本政策金融公庫での融資は起業家向けの手厚い融資が用意されています。

・新規開業資金…新たに事業を始める方または事業開始後7年以内の方

・女性、若者/シニア起業家支援資金…女性または30歳未満か55歳以上の方であって、
 新たに事業を始める方または事業開始後おおむね7年以内の方

・再挑戦支援資金(再チャレンジ支援融資)…廃業歴等のある方など一定の要件に
 該当する方で、新たに事業を始める方または事業開始後おおむね7年以内の方

さらに、上記を含めた各融資制度を利用する際のうち、特にこれから起業する方、
起業して間もない方への特別な制度も設けられています。

・創業支援貸付利率特例制度…新たに事業を始める方及び事業を開始して1年以内の方に、
 上記含めた各融資制度に定める利率から0.2%を引いた金利で融資してくれる制度

・新創業融資制度…新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を
 2期終えていない方に限って受けられる制度。無担保・無保証人で融資が受けられるのです。
money_yuushi

 

 

 

 

 

 

 

特に起業開始前後での融資は魅力的ですね!起業時に資金に不安を感じたら
これを活用しない手はないでしょう。

===================

【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】
知恵の場オフィス

PAGETOP