新宿区で起業しよう!特定創業支援事業での手厚いサポート

知恵の場オフィスのある新宿区は多くの企業が存在し、日本有数の経済都市と
なっております。そもそも東京都には全国の事業所の数の1割以上が存在し、
その東京の中でも新宿区はトップを争う数の事業所が存在します。
事業所が多ければその分、様々な業種や価値観の事業所があると考えられます。
つまり新宿区で働くということは、他の地域に比べ多様化が進んでいるため、
チャレンジしやすい街・様々なコミュニティや交流を期待できる街であると
考えられるでしょう。

そんな新宿区には起業を考える人の支援を行うため、手厚いサポートが
用意されているのをご存知でしょうか。
その一つが新宿区が行っている「特定創業支援事業」です。
新しく事業を開始する方に「特定創業支援事業」を受けて頂くと、
様々な創業に関わる優遇措置が受けることができる、というものです。

まず、新宿区が実施する年間6講座のセミナーを受講し、創業に必要な
スキルやノウハウをしっかり身に着けて貰います。
さらにセミナーを受けている期間、新宿区の経営指導員等が1か月以上に
渡り創業に向けた相談を受けてくれるので、自身の事業計画をさらに
固めていくことが可能です。
晴れてセミナー受講が完了した後、新宿区に申請し
証明書が交付されることにより、優遇措置を受けれるようになります。
16回目

 

 

 

 

 

さて、その優遇措置の内容ですが
・会社設立時の登録免許税の軽減(資本金にかかる税が通常の0.7%→0.35%)
制度融資の貸付限度額1000万円が1500万に引き上げ。
 さらに事業開始の6か月前から利用可能となる。
日本政策金融公庫の新創業融資制度の自己資金要件
(自己資金必要額が、創業資金総額10分の1以上であること)が
 満たされたこととみなされる。

等となり、創業に関わるお金の面、知識の面を厚くサポートしてくれます。
ビジネスの中心地である新宿区で起業し、ぜひ自分の思いを形にしてみてはかがでしょうか。

===================

【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】
知恵の場オフィス

PAGETOP