ペットドクター 霍野 晋吉

名前 霍野晋吉
肩書 犬猫以外のペットドクター
キャッチコピー ウサギやカメなどの変わった動物(エキゾチックアニマル)を月に400件も診察しています。
対応地域 全国
専門テーマ 犬猫以外のペット(ウサギやカメなどのエキゾチックアニマル)の獣医医療
資格 獣医学博士
経歴 1968年 茨城県生まれ、東京都在住。ふたご座。B型。
エキゾチックペットクリニック院長 
NPO日本コンパニオンラビット協会代表
日本獣医生命科学大学非常勤講師

 犬猫以外のペットであるウサギやカメなどの専門獣医師。開業獣医師以外にも、大学での非常勤講師、諸団体でのセミナーや講演、雑誌や書籍での執筆、そしてウサギのNPO団体の代表も務めている。エキゾチックアニマルと呼ばれるペットの医学情報を発信し、これらの動物の福祉向上を願っている。 
 獣医師国家試験合格後、鳥専門動物病院に勤務する。その後、茨城県で犬猫およびエキゾチックアニマルを対象とした動物病院開業、その2年後には神奈川県で日本初の専門病院であるエキゾチックペットクリニックを新規開院。
 しかし、最初の3年間は、患者さんは1日3件以下で、0件のことも多く、経営困難になる。ところが、ハムスターやウサギ、フェレットなどのブームが次第に起こり、病院は忙しくなり、エキゾチックアニマルが診療対象動物としてきちんと成り立つことが立証された。
 時代の流れにより、通常の犬猫の動物病院でもウサギやカメなどの動物も診療を始めるようになった。しかし、獣医大学でも授業がないために、誤診も多く、不幸な動物や飼い主の声も多数聞かれるようになる。
 自らこれまで築きあげた、エキゾチックアニマルの診療経験を体系化し、教科書の執筆、セミナーや講演を行う活動も開始。その他、学校飼育動物、アニマルセラピー、実験動物技術者などの他団体とも交流が広がり、活動の幅が広がる。
 「ペットは犬や猫だけでなく、きちんとした診察を受ける体制が必要であり、人との共生ができるような仕組みが必要である」との信念で、日々奔走中。

ごあいさつ  皆さんはじめまして、獣医師の霍野晋吉(つるのしんきち)と申します。私は、変わった獣医師で、犬や猫、牛や豚などの家畜を診察しておらず、エキゾチックアニマルと呼ばれている、ウサギ、ハムスター、インコやオウム、ヘビやカメなどの特殊動物を診察している専門医です。22年前に神奈川県で、日本初の専門動物病院であるエキゾチックペットクリニックを開業しました。土日は予約がとれないほど沢山の患者さんがきています。そして、その専門知識により、獣医師向けセミナー、エサや飼育用品の開発、教科書の執筆、雑誌の連載などをしており、毎日全国を駆けずりまわっています。

 私は、仕事でも人生でも、信念をもっています、人との出会いとご縁を大切にすることです。私は、種類をと会わず動物たちと周りの人たちに助けられて今の私がます。このあいさつを読んで頂いている皆様ともご縁があります。どうか周りの人に、ウサギやカメなどのエキゾチックアニマルのことで困った方がいましたら、ホームページをご覧になってください。ご紹介いただきましたら、いつもより、しっかりと診察をさせて戴きます。今の私にできることは、まさしく『つるの恩返し』です。以上、つるのしんきち(霍野晋吉)でした。よろしくお願い致します。

輝く個人を創造する

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示