中小企業診断士 村上 貴弘(ムラカミ タカヒロ)

村上貴弘
名前 村上 貴弘(ムラカミ タカヒロ)
肩書 中小製造業V字回復コンサルタント
キャッチコピー 300名以下の伸び悩んでいる製造業経営者のために、40社を再生させた実践に基づくV字回復5大ポイントがあります。
対応地域 全国
専門テーマ
  1. 業績不振の原因となっている問題点の明確化と今後の事業の方向性の明示
  2. 実行可能な経営改善策の立案と金融機関から同意が得られる再生計画書の作成
  3. 金融支援の獲得(金融機関調整)
  4. 経営課題に対する実行支援(ハンズオン型支援)
得意業種 製造業
資格 中小企業診断士
神戸大学MBA(経営学修士)
認定事業再生士
交渉アナリスト1級
経営革新等支援機関(経済産業省認定)
経歴 愛媛県出身大阪府育ち。幼少から大学まで中小製造業の町、東大阪で育つ。
神戸大学大学院現代経営学研究科(MBA)修了。金融機関との交渉にも定評がある。
神戸大学経営学部卒業後、(株)日本総合研究所を経て最年少の32歳で大阪府中小企業再生支援協議会のサブマネージャーに就任。
以来、300名以下の中小製造業を企業のポテンシャルを引き出しV字回復させる専門
家として奔走している。
再生支援協議会のサブマネージャー就任当時、1社でも多くの企業を良くしようとはりきる気持ちとは裏腹に、最年少ということから難易度の高い案件が中小製造業を中心に多く集中。なかでも5年間支援がストップしていた案件では企業も金融機関も完全にあきらめていて、両者の関係も最悪で全く着地点が見いだせていなかった。それでもこの状況を打開することしか企業と金融機関双方にとって望ましい結果はないとの信念から、最後まで諦めずに企業とも金融機関とも何度も交渉を重ね解決した。この時、金融機関にどんどん意見をぶつけ続けたことがきっかけとなり、その後債権放棄などの金融支援についても、金融機関が受け入れ可能な返済案の作り方をマスターした。
リーマンショックにより企業が売上の急減に苦しむ中、多くの中小製造業の再生に携わった。中小製造業の場合、大企業の業績に大きく影響を受ける面があるが、その一方で生産性の改善や販路開拓など経営不振の原因が実は自分との闘いの部分に多くあることに気づく。この自分との闘いに勝てれば企業再生は十分可能であることを確信。そして、これが現在の村上式V字回復メソッドつながっている。
実績 これまで再生相談に対応した会社は中小製造業を中心に100社を超え、再生を果たした企業は40社を超えている。また、バンクミーティングは合計58回開催した経験を有している。(平成28年4月時点)そして、村上式V字回復メソッドによって、これまで支援した企業の70%以上が増益を果たしている。
顧客からは「優しくて、気さくな応対にほっと安堵感を覚えたものでした」といった声や「知識やテクニックは言うまでもなく、何より事業継続への意欲が時間を共有させて頂けるだけでも湧いてくる」といった声をもらい評価されている。
サービス内容
  1. 企業再生コンサルティング(事業調査+重点経営課題の洗い出し+再生スキーム立案+再生計画書策定+金融機関調整+重点経営課題に関する実行支援)
  2. 事業改善コンサルティング(事業調査+重点経営課題の洗い出し+重点経営課題に関する実行支援)
  3. 経営管理・管理会計導入コンサルティング(事業改善や経営戦略の立案に活用できる経営情報の収集・管理・活用に関するコンサルティング)
ごあいさつ

雇用確保の必要性の高い中小製造業を立て直す専門家として1社でも多くの企業を再生していきたいと考えています。そして1人でも多くの経営者を笑顔にすることが日本を元気にすると信じています。

輝く個人を創造する

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示