コンサルタント 金城 舞

金城舞
名前 金城 舞
肩書 非営利団体【びょうきのママをささえ隊】プロジェクトリーダー
キャッチコピー がんになったママの不安を笑顔に変えたい
病気になったからこそ、我が子と悔いのない人生を!!
対応地域 福岡県を中心に全国応相談
専門テーマ がんと向き合う子育て中のママ支援
がんの親を持つ子ども支援
終末期のがん患者とその家族支援
得意業種 医療、がん患者やその家族のメンタルケア
資格 乳がん認定医、癌治療認定医、外科専門医、日本医師会認定産業医、検診マンモグラフィ読影認定医師(AS)
経歴 九州大学医学部卒業
手稲渓仁会病院にて初期・後期研修医/緩和ケア担当医
愛知県がんセンター乳腺科レジデント
愛知県がんセンター遺伝子病理診断部レジデント
九州大学病院第一外科 乳腺グループ
実績 10年以上に渡り、がん患者の診断から治療、終末期まで本人だけではなくその家族の心にも寄り添い支援してきた経験あり。外来、入院での治療や在宅診療にも携わり、様々な場面での家族の支援の仕方を学び、『がんになったおかげで先生に出会うことができた』と、患者本人やその家族から高い評価を受けてきた。
平成28年10月非営利団体【びょうきのママをささえ隊】を設立
平成28年11月より毎月がんと向き合うママとその子どものためのイベントを開催、子育てをしながらがん治療と向き合う中で不安に苛まれる母親から前向きな感想をいただいている。
サービス内容
  1. 子育て支援のスペシャリストによる心温まる、安心できるお話し会の開催
  2. がんになったママ同士の交流会「CAN mama cafe」
  3. がんになった親をもつ子ども同士の交流会・遊びの会
  4. がんになったママと子どものための愛を伝える手作りワークショップ
  5. がんになったママのための不安を乗り越える行動企画
  6. がんになったママ経験者による勇気をもらえるお話し会
  7. がん末期のママが子どもや家族に想いや愛をカタチにして残す手伝い(家族写真・未来への手紙・ビデオレター・最後の思い出作りなど)
  8. 残されたお子さんやご家族へのグリーフケア
ごあいさつ

はじめまして。2児の子育てをしながら、日々乳がん診療に携わる乳腺外科医師をしております、金城 舞と申します。
このたび、子育て中にがんになってしまったお母さんとそのお子さんを支援する任意団体“びょうきのママをささえ隊”を立ち上げ、プロジェクトリーダーをしております。
子育て中のお母さんというのは、親にも子にも心配をかけたくない、とその不安を一人で抱えがちです。その不安はお子さんにも伝わりやすく、不安の中で精一杯の生活を強いられています。私は医療の現場での支援に限界を感じ、不安の中生きているがんと向き合うママやお子さんを、母親目線で支援したい、とママ仲間や自分もがんの不安を乗り越えたい仲間を共にこの活動を始めました。
一人でも多くの親子に安心と笑顔を届けるため、皆さんのお力添えを賜りたく、対象になられる方や、ご協力いただける方がおられましたら、是非ご紹介をお願いいたしたく存じます。なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。

輝く個人を創造する

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示