コンサルタント 久禮 義継

久禮義継
名前 久禮 義継
肩書 スモールM&Aスペシャリスト
キャッチコピー “スモールM&Aで大廃業時代に挑戦状!”
安価であるが高品質なサービスを提供するM&Aスペシャリスト
対応地域 全国
専門テーマ M&Aアドバイザリー・仲介業務、スモールM&A付随業務、投資業務等
得意業種 経営者と個人事業主向け「目標達成」コンサルティングとコーチング
資格 事業承継士、公認会計士/米国公認会計士/税理士(いずれも現在は未登録)、ミシガン大学MBA、TOEIC980
経歴 1971年 大阪生まれ
同志社大学経済学部、ミシガン大学ビジネススクール卒業

これまで大手企業8社(中央青山監査法人、日本興業銀行、ドイツ証券、The Bridgeford Group、JPモルガン証券、みずほ証券、デロイトトーマツフィナンシャルアドバイザリー、ユニバーサルエンターテインメント、NEC)を渡り歩き、この度スモールM&Aに特化したM&Aスペシャリストとして独立

これまでM&Aアドバイザーとして1兆円をゆうに超える案件を成約させ(企業規模ベース)、事業法人でも買収当事者としてプロジェクトリーダーという立場で主導し、また特にクロスボーダー案件に強みを有し、足掛け15年超もの間M&Aに携わっております。

実績 主たる案件実績は以下の通り。
・三菱商事サイバーセキュリティ子会社インフォセックとNECとのJV化
・経営統合によるルネサスエレクトロニクス設立
・東芝によるNISSHAへの工場設備の売却
・セイコーホールディングスによるセイコーインスツルの完全子会社化
・TDKと双葉電子工業による有機EL事業にかかる資本・業務提携(JV化)
・ALSOKグローバルIPO における主幹事
・石油公団の民営化に際する財務アドバイザー
・合同石油開発の民事再生・100%減資手続等を活用したプレパッケージ型事業再生スキームによる株式譲渡
・太平洋セメントによる双龍セメント(韓国)への出資
サービス内容 ・M&Aアドバイザリー・仲介業務
M&A FAサービス、M&A仲介サービス、M&A手続代行サービス

・スモールM&A付随業務
コミュニティスペース「M&A道場」の運営、一般社団法人「スモールM&A協会」の運営、スモールM&A特化型コンテンツサイトの運営

・投資業務
買い手との共同投資、「スモール企業引継ぎファンド」の運営(予定)

・その他業務
投融資アレンジメント、事業承継コンサルティング(経営承継・資産承継双方)、会計税務顧問

ごあいさつ

私は、現在大きな社会課題となっている大廃業時代への対処として、スモールM&Aの実行を通じて廃業数を大幅に減少させることを目指し、最初のアプローチから“たった3ヶ月でM&Aを成約”をモットーに、日々奔走しています。

なお、私は転職等で大手企業8社を渡り歩き、その合間に起業にも2回チャレンジした経験があります。その過程で色々と大変な経験もしてきましたが、そこから毎回這い上がってきた粘り強さで、口先だけではないホンキで寄り添ったサービスを提供できるものと信じています。

輝く個人を創造する

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示