公認会計士・税理士 伊東 賢治

名前 伊東賢治
肩書 CFOブレイン  伊東公認会計士事務所 所長
キャッチコピー CFOの課題解決を支援するCFOブレイン
会社を成長に導く財務戦略策定を支援
対応地域 日本、インド
専門テーマ 財務戦略、国際税務、IFRS、管理会計
得意業種 外資系企業、情報通信、メディカル
資格 公認会計士・税理士 U.S.CPA CGMA
経歴 東京大学法学部卒業。多忙を極めるCFOを支援するCFOブレイン。マネジメント、投資家、監査法人、内部監査人、税務当局等から与えられるCFOの様々な課題の解決をCFOブレインとして支援している。外資系コントローラー、社内税務専門家、監査法人国際部等で会計士としての実務経験25年以上。関与先は主に外資系IT企業、メディカル企業。
実績 監査法人国際部、大手都市銀行主計室税務部を経て、外資系製薬会社CFOに社内国際税務専門家としてヘッドハントされる。同社買収の後CFOや税務部門の外国人上司が人員削減策により退職させられたことを契機に独立開業。
外資系CFOアドバイザー、M&A、企業価値評価、内部統制文書化、銀行の米国会計基準決算等のプロジェクトで活躍。リーマンショック後、外資系ソフトウェア会社日本法人のドイツ人CFOよりヘッドハントされ、企業内会計士に戻る。経理責任者として経理業務のシェアードサービスセンターへの集約化を推進。東日本大震災直後に迅速な行動でプロジェクトを期限内に完了させたことがCFOに評価され、アジア太平洋地域「最優秀社員」として表彰される。
転職先の外資系IT企業では、インターナショナルコントローラーとしてCFOが課題として抱えていた新設アジア子会社の経理業務体制を現地アウトソーシング会社を活用して短期間で構築。
独立開業再開の直後に、同社CFOより「アジア子会社の経理業務を引き続き支援してほしい」と要請され、CFOブレインとしての活動をスタートした。
CFOと経理財務部門の悩みを共有し、様々な課題を解決してきた実務経験をもとに、CFO支援専門の会計事務所を東京都港区ベイエリアに創設。
サービス内容 CFOブレインによる高コストパフォーマンスのCFO支援および実務経験豊富なシニアアカウンタントによる外資系経理支援は、外資系企業CFO、コントローラーなどから「最も頼りになる外資系企業支援チーム」と好評を博している。
外資系企業のCFO支援を通じて日本市場での成功に導くことに特化したオンリーワンの会計事務所。
ごあいさつ 伊東公認会計士事務所は、東京都港区ベイエリアの外資系企業CFO支援専門会計事務所です。CFOブレインである所長の私も外資系経理支援スペシャリストのシニアアカウンタントも外資系企業で長年実務経験を積んできております。日本経済の中心である東京がグローバルビジネスの中心として今後も発展し続けるためには、外資系企業にとって魅力的な市場である必要があります。CFOの挑戦を支援することを通じて、外資系企業の成長にお役に立つことを使命として、サービスレベルの向上に日々努力していきますので、ご期待ください。
先生を紹介してもらいたい方はこちら
先生が参加した志師塾

輝く個人を創造する

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示