公認会計士・税理士 小貫 泰志

小貫泰志
名前 小貫 泰志
肩書 1000年企業の鍵 探求家
キャッチコピー 1000年企業、生き残る鍵を求めて
・・人間学経営を探求する会計士・・
対応地域 東京、茨城、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木
専門テーマ 価値ある企業を後世に残すための事業サポート
得意業種 不問
資格 公認会計士・税理士
経歴 茨城県水戸市出身、文京区在住
 上智大学経済学部経済学科卒業
監査法人(監査法人朝日新和会計社、およびKPMGセンチュリー監査法人)、並びに、個人の税務会計事務所勤務を経て、平成7年に公認会計士小貫泰志事務所を開設。
実績 ・監査(法定監査、任意監査)、
・税務(各種申告・相談)、
・コンサルティング(企業評価、デューデリ、M&A専門相談、その他)、
・研修講師(企業研修講師、専門学校講師他)
サービス内容 (共通サービス)
・1000年企業(長寿企業)の生き残る鍵を学び共有すること

(個別対応サービス)
・会社の概況調査(総合的調査、企業リスク評価、財務内容調査)
・企業価値評価・事業承継相談・相続相談
・M&A 相談(主に、売り手ポジションを想定した場合の売却可能性検討)
・IPO相談・確定申告(法人税、所得税、相続税、その他)

ごあいさつ 私の仕事上のテーマは、1000年企業(長寿企業)経営の鍵を探し求め、その知恵を社会還元すること。長寿企業の経営にはテクニカルな経営手法では足りない、やはり、人間学的視点が深くかかわっているはず、それは何かを真に知るため、「鍵」の探求を始める。そして、ここで得たものを令和の時代に還元し、価値ある企業の存続に役立てる事を念願している。
先生を紹介してもらいたい方はこちら
先生が参加した志師塾

輝く個人を創造する

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示