講師  増田 耕司

増田耕司
名前 増田耕司
肩書 アウトプット型人材育成プロデューサー
キャッチコピー ホンダ出身講師が教える「アウトプット型人材育成」で組織を強化します。
対応地域 全国
専門テーマ 人材育成(部下育成、研修内製化、問題解決、戦略立案)
得意業種 製造業、自動車事業
資格 Kepner-Tregoe研修トレーナー
経歴 1980年早稲田大学商学部卒業
1980年本田技研工業入社
1985年Honda of Manufacturing駐在
2004年ホンダ四輪販売愛媛社長
2008年ホンダトレーディング取締役
2013年ホンダトレーディングメキシコ社長
実績 ホンダを退任後、ビジネス研修講師としてのべ2000人以上を指導
サービス内容
  • 有望人材の流出、幹部育成頭打ち、シニアのノウハウ消失等のヒト問題を解決します。
    「教えるときが一番学ぶ」というヒトの特質に着目したアウトプット型人材育成によって組織を活性化します。
  • 単なる研修の内製化ではなく、組織の構成員が次々に知識を連鎖する「アウトプット型連鎖」によって以下の知識や情報を組織の中に深く浸透させていきます。
    • 一般的はビジネスの基礎知識(問題分析、部下指導、戦略策定など)
    • 企業のフィロソフィー、ビジョン、ポリシーなどの浸透
    • シニアの持つノウハウ、暗黙知などの掘り起こしと伝承
  • 教えるという行動についての意識転換を図り学習効率を桁違いに向上させます。同時に研修に係るコストの外部流出をゼロ化します。
ごあいさつ
  • ホンダでの36年間の勤務を経て、ビジネス研修講師として2千名を超える受講者を指導してみて気付いたことが二つ有りました。
  • ひとつは、社員の教育育成は(一部上場企業も含め)不足している事例が多いことです。同時に私が受けたホンダの人材教育が如何に手厚いものであったということを改めて認識しました。「学歴は評価しないが学力は重視する」という本田宗一郎の考えが深く浸透していた証跡であると感じています。この本田宗一郎の考え方を少しでも受け継ぐ想いで、ホンダで学んだことを次世代に伝えていきたい、と思っています。
  • もう一つは勉強嫌いで現役時代は必ずしも研修に真摯に取り組んでいたとは言えない私が、研修講師として人の教えるという行動を行うと、その過程で自分自身の理解が劇的にクリアーになるということでした。教えるという行動が極めて高い学習効果を発揮するというメカニズムに気付いた私は、教えるという行動を連鎖させることで組織全体の活性化を図る手法を体系化しました。
  • あまり紹介されることの無いホンダの仕事のやり方、そしてそれを受け身で学ぶのではなく、組織の他のメンバーに教えるというアウトプット型行動で学習するメソッド。この二つに興味がございましたら是非お役に立ちたいと考えております。説明会など行っておりますので、ご連絡いただければ幸いです。

輝く個人を創造する

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示