講師 長沼 ゆかり

長沼ゆかり
名前 長沼 ゆかり
肩書 英語の先生向け指導法・発音トレーナー、
兼大学講師
キャッチコピー 30ヶ国の人への教授経験した日本人英語講師による
「英語の先生が、英語で教える指導法8つのコツ」
対応地域 主に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
専門テーマ 英語の先生指導
得意業種 英語のみの指導法、発音指導、コミュニケーション指導、異文化理解指導
資格 アメリカの大学院にて英語教授法(TESOL)修士取得、
J-Shine 小学校英語活動指導者資格取得、
着付講師1級合格(日米で着付け師・着物パフォーマーとして日本文化振興の活動実施)
経歴
  • 1971年東京生まれ
  • 中央大学卒業
  • アメリカの大学院School for International Training英語教授法(TESOL)修了

中学・高校、小学校の英語活動、英会話教室、塾などの「英語の先生」の指導力と発音を向上させる専門家。
TESOLの知識とアメリカで30ケ国の人に教えた経験をもとに開発した「英語の先生が、英語で教える指導法8つのコツ」で、多角的な指導を行う。

日本の英語教育を受け大学を卒業後、正社員学習塾講師として高い合格実績を上げる。
しかし、帰国子女ではないため国内で1から英語の発音やコミュニケーションを勉強しなおし、その後子供英会話講師となり、生徒や保護者から信頼を得て100%の継続率を達成する。
さらに高い英語力の習得と社会人への教授を目指し再勉強。
大人対象講師となり、「大人の発音習得法」や「英語のみでの指導法」、「使える文法や語彙、4技能の指導法」等を実践し高評価を得る。

その後、さらに指導力を上げるため、アメリカの大学院にて幅広い教授法と先生への指導法を学ぶ。
米国の大学等では多国籍クラスを指導、帰国後都内で自営教室を開設。
現在は、英語の先生方に指導法や発音などの英語力をサポートしている。

これまで日米で3,000名以上の日本人と多国籍の学習者を指導。
先生への指導では、「短期間で発音や英語力を向上できたし、指導の幅も広がった」と圧倒的な支持を得る。
現在「日本の英語教育を変えたい」という信念のもと、日々指導と研究に邁進している。

実績
  • アメリカの大学等で30ヶ国の学習者に英語指導
  • 乳幼児、小、中、高、大学生、社会人、学校や英会話教室、塾等の「英語の先生」に指導経験
  • 英語のみで4技能、語彙、文法、発音等、幅広い教授経験
  • TOEFL、TOEIC、IELTS、英検等対策指導で高い実績
  • 2,000人の英語学習コーチング
サービス内容
  • セミナー(半日・一日)
  • 講座(定期継続)
  • 講演

<セミナー・講座・講演の主な内容>

  • 先生のコミュニケーション力、英語力強化
  • 先生の発音強化
  • 指導力強化
  • TOEIC/TOEFL/IELTS/英検等資格試験 等
ごあいさつ

東京オリンピック・パラリンピック開催年の2020年に向けて、文科省はグローバル化に対応した英語教育改革を打ち出しました。
これにより、大学入試が変わり、4技能を図る外部の英語資格試験が使用される大学、学部も年々増え、また中学・高校では英語のみの指導が求められています。
学校の先生方を始め、英語教室や塾の先生方で、この大きく変わる英語教育にご対応されるのに苦労されている方はいらっしゃいませんか。

英語のみの指導や4技能を図る外部の資格試験指導には、先生ご自身の英語のコミュニケーション力とさらなる指導力が必要となります。
ご自身の指導力、英語力、発音を向上させたいと思われる先生方、あるいは、教育機関の関係者の方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。

Exwillで一緒に働きませんか?

求人情報はこちら

プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示