講師  田中 響子

田中響子
名前 田中 響子
肩書 “ことば”表現教道家
キャッチコピー 日本語での発信力UPが、なぜ国際社会で有利になるのか
~ 子どもの脳が育つ「ことばの表現力が高まる9つのスキル」~
対応地域 ルクセンブルク(実地)
世界中(オンライン)
専門テーマ 海外に住むバイリンガル・マルチリンガルの子どもの「話すこと」に特化した日本語表現教室
資格 教育学修士
中学・高校教員免許(専修・音楽)
経歴 ”「答えへ導く教育」から「ゴール探しに寄り添う教育」へ”
「複数の言葉と文化を持つ子ども」の言語表現教育家
横浜の有名私立女子中高で「思春期の自己表現」を音楽科として8年間追求。本音を言えない女子と対話を続け、生徒からファンレターをもらい教え子が教職を目指す。
子どもの自己表現を比較するためパリ大学大学院に留学。ルクセンブルクに移住後、日本大使館で現地職員として8年半勤務。海外に住む親子の実体験を基に日本語維持の最善な方法について研究。国際児2人の母として、日本の子どもと接点が少なく日本の慣習が話題にならないことから、日本語・日本文化継承に苦悩。「複数の言葉と文化」を持つ子どもに、言語事情・文化背景を理解した日本語表現教育の場が必要であると使命感を持つ。
日本国内外で2,500人の子どもたちと向き合った経験、教諭時代の”自分の考えを伝えるワークショップ”の実施、3つの大学院教育学の学び、4つの言葉と3つの文化を生かして、子どもたちが「日本のアイデンティティ」を強みとして「世界へ発信できる大人」になることを目指している。
実績 日本国内外で2,500人の子どもたちを指導
横浜雙葉中学高校・音楽科教科主任
在ルクセンブルク日本国大使館 領事班
サービス内容 日本語空間「わらく」(日本語表現教室)主宰

実地・オンラインクラス(グループ・個別)

幼児クラス「ことばをふやして、おともだちとはなそう」
小学生低学年クラス「お話をまとめて、意見を交換しよう」
小学生高学年〜中学生クラス 「日本語で思いっきり考えよう!」
など

ごあいさつ

海外に住むお子さんに「日本人であることを誇りに思って欲しい」と願っている方はいらっしゃいませんか?
私は、バイリンガル・マルチリンガル環境の子どもたちを対象に、ヨーロッパの小国・ルクセンブルクで、日本語表現教室を運営しています。
母語である日本語は、子どもの人格形成や複数言語習得のために大きな鍵を握っていますが、「書くこと・読むこと」に集中しすぎて「大変」「時間がない」と、諦めてしまうケースを、たくさん見てきました。
そこで私は、指導者として日本国内外で2,500人の子どもたちと向き合った経験を踏まえて、子どもが「自分の言葉で話すこと」を重視したコミュニケーション活動を、日本語空間「わらく」で行っています。
海外に住んでいても、子どもは自然に「使えるバイリンガル」にはなりません。ご興味がある方には、無料セミナーをご案内しておりますので、ご連絡いただけますと大変うれしいです。

輝く個人を創造する

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示