社会保険労務士 丸山 裕史

丸山裕史
名前 丸山 裕史
肩書 助成金提案型社労士
キャッチコピー 必ず見つかる!!助成金獲得のための3つのポイント
~年3000件の補助金審査経験を活かした助成金の提案~
対応地域 東京、埼玉
専門テーマ 助成金、就業規則、採用支援
得意業種 少人数の企業(20名未満)、
クリニック・歯科・介護・保育園・会計事務所など女性が比較的多い職場
資格 社会保険労務士、簿記3級、小学校教諭免許、漢字検定2級
経歴 公務員4年
民間企業の人事・総務4年
社会保険労務士法人勤務2年
実績 ・公務員にて年間3000件の補助金審査経験より補助金を通すノウハウを習得。
・顧問契約の約7割が助成金申請をしている。
・セミナー毎月開催中
サービス内容 【メイン】 
助成金申請代行
シンプル規則規則(助成金専用就業規則)

【その他】
採用支援
顧問契約 
給与計算
勤怠システム導入支援

ごあいさつ

こんにちは!!埼玉県川口市で助成金専門の社会保険労務士をしています丸山裕史と申します。公務員や民間企業の総務人などで10年以上勤務してきました。
助成金を活用して資金調達と働きやすい職場づくりを同時に実現することが私の仕事です。

公務員時代に、補助金申請の審査事務を3年間経験し、補助金を通すノウハウを習得しました。その後、民間企業の総務人事で働きましたが、そこは離職率30%を超える働きにくい職場でした。その状況を打破するため、補助金申請の特技を使い、使える補助金はフル活用して年間約400万円の補助金を獲得しました。そのおかげで、職員の給与UP、採用職員数も増え、離職率も10%にダウンしました。 
この時に、補助金を上手に使いこなせば、働きやすい職場づくりに活用できると確信しました。

その後社会保険労務士となり、得意の助成金申請を業務としました。助成金申請を代行することでお客様の労働環境が良くなると信じていましたが、助成金申請の目的がお金だけで、従業員の働きやすい職場には関心のないお客様がいることに気がつきました。助成金申請の目的がお金だけですと、制度がきちんと運用されないため、結果として、職場環境は改善されない「これでは会社のためにならない」と悩みました。

悩んだ末に、初心に返り、助成金申請の目的が「お金」だけでなく、「働きやすい職場づくり」も大事な目的として取り組む方を支援することが使命であると確信しました。

輝く個人を創造する

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示