社会保険労務士 田中 大輔

田中大輔
名前 田中 大輔
肩書 ワークパフォーマンス・プロデューサー
キャッチコピー ~『業績アップ』&『従業員も元気』&『採用力強化』~
一石三鳥の戦略実現は【安全衛生優良企業認定取得】で実現する
対応地域 東京都
専門テーマ ワークパフォーマンス・プロデューサーとして、
・労働環境改善による労働生産性の向上コンサルティング
・遊技場専門 安全衛生優良企業認定コンサルタント
※非製造業等は対応可
得意業種 遊技場専門 (安全衛生優良企業認定における業種は非製造業も可)
資格 社会保険労務士
行政書士(未登録)
自衛消防技術認定
衛生推進者
経歴 世田谷区在中の遊技場専門 ワークパフォーマンス・プロデューサーの社会保険労務士の田中です。
高校卒業してからは就職し、6年間運転手の仕事をしていた。
とあるきっかけで労働法規に興味を持ち、社会保険労務士の勉強をすることを決意。
18年前に社会保険労務士を目指すも、高等学校卒のため受験できず、
行政書士試験からスタートすることになった。
その後、社会保険労務士としての資格を取得し、15年間人事労務の仕事に携わる。
現在は労働環境の整備を基軸とした、労働生産性を最大化にする組織の構築を手がけている。
実績 ①厚生労働省認定 安全衛生優良企業認定 東京都で2社認定取得(遊技場経営)
※2020年1月現在では、日本で34社・東京都では4社の認定企業がある。
②労務管理経験15年(内、遊技場の労務管理経験10年)
サービス内容 安全衛生優良企業認定取得により『業績アップ』『従業員の元気』『採用力強化』を同時に実現させ、労働生産性を最大化するための組織を構築する。
ごあいさつ

初めまして。
皆様は、1名退職者が出た場合の直接損失額をご存じでしょうか?
ワークパフォーマンス・プロデューサー、社会保険労務士の田中と申します。
私は組織の労働生産性向上のお手伝いをしています。
企業が労働生産性を向上させるには【売上の最大化、経費の最小化】が必要です。
そのためには従業員がイキイキと働く職場環境が必要です。
その職場環境により売上利益は30%向上、離職率は現状の30%改善し、
労働生産性の向上に大きく寄与することができます。
なお、在籍期間1年の従業員が退職した場合の直接損失額は1,000万円とも言われています。
労働生産性向上に向け、労働環境を改善させる取組に関するご興味がございましたら、
なんなりとご相談くださいますようお願いいたします。

輝く個人を創造する

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示